やっぱり、ブログもWordPressも難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ブログを始めてみたものの、書くことが無い!

これが、Twitterなら「ローソンのロールケーキ美味しい♪」とか、一行だけつぶやけるのに、ブログだと300文字くらい必要な気がする。
そもそも、私のロールケーキを食べた感想300文字なんかを読みに来る人なんていない。
ということは、少しでも何かお役に立てる様な事を書かないといけないんだろうなぁ。

タイトルの「WordPressも難しい」ですが、ホントこれ、WordPress難しいと痛感してる真っ只中なんですよ。
まず、テーマが山程あって、どれを選んでいいかわからない。

テーマの説明文を読んで

「これだ!これこそ私が探し求めていたテーマだ!!」

と思っても、いざ実装してみると、「なんか違うかな?」ってなる。
もうすでに最初に選んだ「STINGER」から変えました。
主な理由は、カスタマイズが難しいのが理由と、右メニューがおかしくなった事と、検索窓が見づらい事。
WordPressマスターの皆さんは、これを聞いて「だったら自分でカスタマイズなり修正しろよ!!」と、モニター越しにトムヤンクンヌードルをぶちまけながら激怒しているかも知れません。
でもね、でもね…

「だって、私はブログも初めてだしWordPressも初めてなんですもの!」

カスタマイズや修正は、これから学んで行きます。カテゴリーに「WordPress」を作りましたし、今後はWordPressに関する記事もどんどん書いていく予定です。

これこそ、初心者向けテーマ「Simplicity

というわけで、今回私が使わせて頂いているテーマのご紹介です。

すっごいシンプルな、それでいて欲しいものがほとんど備わっているテーマ

その名も「Simplicity」です!!

Simplicity

これが最高に使いやすいですし、カスタマイズの説明が私みたいな素人にもわかりやすい!
さらに、STINGERよりもカスタマイズ項目が多くて、管理メニューの「外観」の設定をちょこっと変えるだけで、思いのままのデザインにできます。
ガーリーデザインも簡単に設定できちゃいます♥

ダサピンク現象について

「ガーリーデザイン」で思い出しましたが、世間のごくごく一部の狭い界隈では、Webサイトや商品デザインなどに安直に「ピンク色」を使う事を「ダサピンク現象」と呼んで、なぜかムキになって怒っている人がいます(ダサピンク提唱者ではなくこれを拡大解釈したダサピン過激派の人達)。
しかし、なんで世の中にピンク系の女性向け商品が多くあるのか、それはやっぱり女性に需要があるからなんですよね。
私は個人的に、黒や白などのモノトーンが好きです。特に白が好きです。だけど、ピンクも好きです。アナスイみたいな黒と紫の配色も好きですしピンク以外にも好きな色はたくさんあります。

企業の男性が「女は取り敢えずピンクにしとけば喜ぶんだろ?」といって、ピンク色の商品の全てが出来上がるわけではないと思います。
「ピンクも用意して欲しい」という女性からの要望があるから、企業はその声を汲み取っているんだと思います。
逆に、男性向けの商品にピンク色を多用した場合、男性消費者からは「黒や青を用意してくれ」という声が挙がるでしょう。
企業は、消費者の声に敏感で、必死になって意見やフィードバックを得ようとしています。
書店に並ぶ女性誌の色が、茶色や緑や灰色だったらどうでしょう?華やかでしょうか?読者は見つけやすいでしょうか?
大人の女性向けの雑誌には「落ち着いた感じ」や「高級感」を与える黒や紺色が使われる事が多いですが、これも出版社のマーケティングの結果でしょう。

「女性=ピンク」ではありません。前述した様に、女性向け商品も「真っ白」や「白+水色」や「黒+紫」や「紺色+金色」など多様な配色があっていいですし、消費者はその中から好きなデザインを選べます。
それでも、ピンクが女性向けマーケットを席巻しているのは、女性からの需要が反映されているという裏付けです。
(もちろん、それは商品カテゴリーによっては違ってきます。女性向け商品でもピンクを一切使わない方が適した場合もあります。)

要するに、色の好みは千差万別なんだから、ピンクが好きな女性がいても構わないわけであって、本当にピンクが女性から嫌われる色だったなら、ピンク色の商品はとっくの昔に市場から淘汰されて廃れているはずです。
今現在、「ダサピンク論者(ダサピンク提唱者ではなくこれを拡大解釈したダサピン過激派の人達)」の皆様の目に付くほど、あちこちにピンク色の商品で溢れかえっているのは、それはやっぱり需要に見合った成果なわけですよ。
それでも、反ピンク思想を掲げ続けるなら、お好きにどうぞ。
私はピンクを使います。色の好みなんて読んで字の如く「十人十色」で、誰かにとやかく言われる事ではないですからね。
(私もちょっとこのダサピンク論争を履き違えているかも知れませんけど…)

私は、この「ダサピンク」論争、正直怖いです。
これが飛躍して、いずれは「ピンク狩り」に発展するのではないかと危惧しています。

「あ、こいつ女性向けサイトの色にピンク使ってる。なんて安直なんだ。」
「女性向けサイトにピンクを使うなんてダサいよね。」
「女性向けサイトだからってピンク色を使うなんて女性に対するステレオタイプですね!」

こんな声でピンク色に対する弾圧の様子が目に浮かびます。
お願いです。「女性向けだからピンクではなくて、個人的にピンクを使いたかったからピンクにしてる」こういう人を弾圧しないで下さいませ。

で、話を戻しますが、このSimplicityには、最初からスキンである程度のカラーイメージを選択できます。
私は今回、ピンク系統の「淡桜」を選びました。
本当は、ラージピクチャーヘッダーを使いたかったのですが、デフォルトで用意された絵を差し替える方法がわからないので、やめました(汗)

このテーマの前に一瞬だけ違うテーマも使いました。
New World

こちらも、デザインが素晴らしいのですが、カスタマイズ項目が少ないのと、難易度が高すぎて、まだ私には使うのは早い様です…。

というわけで、このテーマ「Simplicity」は最高です!しばらくはこのテーマを使い続けると思います!

Simplicity | SEO最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ
http://wp-simplicity.com/

どんなことでもOK!コメントお待ちしています♥
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント大歓迎です♥

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。